リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

sponsored link

Symptoms of unknown cause

あなたを苦しめている、その症状、本当に、今、医師に診断されているその「病名」ですか?

あなたの症状が治らないのは、他の原因が隠れているせいかもしれないと、考えたことはありますか?

あなたは、脳脊髄液が、頸椎や胸椎や腰椎や仙骨から漏れてしまうことを知っていますか?

それで、どんな症状が起こるか、知っていますか?

精神的にも肉体的にも不調をきたし、実にさまざまな症状が出るのです。

その中には、おそらく、あなたが今、抱えている症状もあるはずです。

脳脊髄液は鼻からだけ漏れるわけではないのです。

脳脊髄液は、脳の手術が原因で漏れるだけではないのです。

交通事故や、サッカーやラグビーやスキーなどのスポーツ事故や、暴力、転倒などの日常でのあらゆることで起こる可能性がある、とても身近なケガが原因で起こるのです。

水道管の水漏れのように、漏れ続けることもあるのです。

生活ができていても、働けていても、学校に行けていても、症状に苦しんでいることが続くなら、その症状が髄液漏れで起こっている可能性があるのです。

そのことを、あなたは知っていますか?

おそらく、あなたの側にいる医師の多くは、脳脊髄液が漏れて減ることで起こる症状のすべてを、知らないことでしょう。

脳脊髄液が漏れて、精神的にも身体的にも苦しみ抜いて、そこから這い上がった元、脳脊髄液漏れの当事者の声をきいてください。

そこから、気づいてください。

脳脊髄液が漏れると、いろいろな症状が起こり、それがその人を苦しめ、その人の生活と人生を障害することを。

脳脊髄液減少症の知識があまりない医師がつけた病名を信じて、長く、脳脊髄液漏れに気づかないと、命にもかかわることがあることを知ってください。

時には、高次脳機能障害や身体症状が原因で、事故を引き起こし、自分と家族や周囲の人たちにも危険が忍びよることがあることも。

それが原因で死に至る危険もあることを、知ってください。

多くの人たちに、脳脊髄液減少症という疾患があることを知らせてあげてください。

脳脊髄液減少症は、身近なケガで起こることを伝えてください。

あなたの地域の、あなたのそばのそのかかりつけ医師は、脳脊髄液減少症を知っていますか?

あなたの近くの医師がもし脳脊髄液減少症に詳しくなかったら、その医師に脳脊髄液減少症について教えてあげてください。

たとえ、その医師に嫌味を言われたり、いやな顔をされたとしても。

脳脊髄液が漏れて減ることで、さまざまな精神的、肉体的不調が人間には起こることを。

それは、認知症のようであったり、高次脳機能障害のようであったり、うつ病のようであったりします。

それは、慢性的な疲労感が続くようなものであったり、慢性的な痛みが全身にでるようなものであったりもします。

それは、胃腸の不調や、血圧の不調も引き起こします。

それは、耳鳴りやめまい、吐き気も起こします。

症状は頭痛だけとは限りません。

不可解な症状がいろいろ出るのです。

それらの症状は、今までの疾患にはあてはまらないので、「原因不明」とされることがあります。

それらの不可解な症状は、脳脊髄液が漏れて減ることで起こるのです。

しかし、そのことを、多くの医師は知りません。

医学とは、生の患者から学んできたはずです。

そのことを忘れている、医師が世界中に大勢います。

だから、脳脊髄液が漏れて減ることで出る症状を、あなたの近くのその医師は、信じない可能性があります。

せめて、あなたは、脳脊髄液減少症を知ってください。

早く気づいてください。

あなたの、その原因不明の症状は、脳脊髄液減少症が原因かもしれないことに。

sponsored link

down

コメントする




*

自己紹介

lily

健康オタクの脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「精神的なもの」とされたり、何かすでに別の病名がついている人たちの中に、脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。

にほんブログ村ブログパーツ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

広告

最近のコメント

広告

リンク集

「脳脊髄液減少症を知っていますか」

amazon

人気ブログランキングブログパーツ



sponsored link