リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

脳脊髄液減少症は「深刻な病」か?

time 2017/01/24

sponsored link

脳脊髄液減少症は「深刻な病」か?

年末に、脳脊髄液減少症のことがテレビで取り上げられていました。

その番組は、以前、脳脊髄液減少症のことを「重い病」と言っていたのですが、
今回は「深刻な病」と表現が変わっていました。

「深刻な病」という表現も、私は何か違和感を感じました。

実は私は、脳脊髄液減少症を「重い病」だとも、「深刻な病」だとも思っていないのです。

だって、治るから。

 

病巣が転移して、いろいろな治療をしながら闘病中の有名人の方のテレビを見て、やはり、
「深刻な病」と言えるのは、

そういった病なのかな、と思ったのです。

脳脊髄液減少症は、そういう「深刻さ」とは「深刻さ」が少し違うと感じています。

こんなに見逃され続けた私でさえ、治療を重ねて、ここまで治ったと感じることができるから。

それも、放射線治療とか、抗ガン剤とかではなく、ブラッドパッチ+αで、回復してきたのだから・・・。

再発もあるにはあるけれど、でも、そこからまた回復もすると思うから。

さらに、これから、脳脊髄液減少症の正しい知識の普及で、

脳脊髄液減少症の早期発見早期治療が浸透すれば、治る可能性がさらに高まると思うから。

深刻なのは「症状」

確かに、脳脊髄液減少症の症状は、経験のない人には、想像もできないような、外見からでは想像もつかないような、
「深刻な症状」はいくつも、何度も経験しました。

けれども、
だからと言って、「深刻な病」だとも思えないのです。

だって、治るから。

第一、脳脊髄液減少症が「病」だとは私はどうしても思えないのです。

だって、
私は「事故」で 他人によって発症させられたのだから。

たしかに、自分でも、
「闘病中」とか、
「病」とかって、表現しているけれど、、

だからと言って、自分の脳脊髄液減少症が、
自分から自然発生的に生まれたものだとは思っていないから、

「病」だとはなかなか思えないのです。

あくまで、「事故後遺症」であって「病」ではないという気持ち・・・。

何も脳脊髄液減少症のことを知らない第三者から見たら、
脳脊髄液減少症の患者が一見、「重い病」とか、
「深刻な病」のように見えたとしても、

私は「深刻な病」だとも、
「重い病」だとも、どうしても思えないのです。

だって、少しずつでも、波があっても、回復し続けるから。

確かに、脳脊髄液減少症だと気づくまでに時間がかかり、
こじらせれば、治りにくくなったり、重症化したりもするでしょう。

でも、それは、どんな病気やケガにだって起こりうること。

脳脊髄液減少症では、たしかに、見た目では決してわからないような

本人だけしかわからないような「深刻な症状」が回復の途上で一時期繰り返しでることもあるけれど、
それでも、回復に向かうし、治るから、

私は脳脊髄液減少症自体が「深刻な病」だとは思えないのです。

どんなにひどい深刻な症状でも、時間はかかったけれど回復することをそれを、私は体験してきたから。

脳脊髄液減少症自体は、「重い病」とも「深刻な病」とも思えない私だけど、
それでも、
「深刻」だと思っていることがあります。

私が最も「深刻」だと思うのは、社会全体の無知と無関心

私が脳脊髄液減少症で本当に「深刻」だと思うのは、

脳脊髄液減少症に関する、社会全体と医師の、無関心と無知と無理解の方なんです。

次いで、私が「深刻」だと思うのは、

本人は「深刻な」症状に苦しんでいるのに、見た目や検査結果ではその苦しみが、
医師や第三者に伝わらないし、伝わらないから適切に助けてもらえない、症状を緩和してもらえないという
脳脊髄液減少症の「特徴」の方であって、

脳脊髄液減少症自体が「深刻」だとは、
私には思えないのです。

だって、治るから。

しかし、家族は、こんなに回復に時間がかかったし、今も完治できないのだから、「深刻な病」だと言います。

でも、

症状の回復が長引いているのも、まだ症状が残るのも、私の場合、脳脊髄液減少症の診断と治療が、あまりにも遅れたせいだと私は思っています。

さらに、脳脊髄液減少症と診断されてからも身近な医療機関で、
症状の対応だとか、リハビリだとか、きめ細かくフォローしてもらったり、
医師に真剣に向き合ってもらえなかったせいもあると思っています。

他の病気やケガだって、医師に適切に早期に対応してもらえなければ、

症状がつらい時、身近な医療機関で適切に対応してもらえなければ、

こじらせて深刻なことになったり、全体の回復が遅れたり、後遺症を残すことだって
起こり得ると思うのです。

だとしたら、どんな病気もケガも、「深刻な病」だということになってしまうと、
私は思うのです。

私は、脳脊髄液減少症が見逃されることで起こる「深刻さ」や、

脳脊髄液減少症の無理解と無関心で引き起こされる「深刻さ」が改善し、

世界中のありとあらゆる科の医師が、もっと真剣に、患者の早期発見と治療や、症状の緩和ケアに取り組むようになれば、

恐れるに足らないものになると信じています。

sponsored link

原因不明の症状に苦しむあなたへ

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」と医師に言われる症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link