リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

線維筋痛症に隠された「脳脊髄液減少症」の可能性

time 2016/08/26

先日の、
ザ!仰天ニュースでの
線維筋痛症について、私の考えです。

sponsored link

謎の痛みの真相は、脳脊髄液減少症では?

テレビで放送された、線維筋痛症と診断された女性の痛みは、
まさに、私が脳脊髄液減少症で経験してきた痛みそのもので、驚きました。

謎の痛みに苦しんでいた女性を
最初に、「線維筋痛症」と診断した総合内科の医師は、
はたして、
脳脊髄液減少症でも同じ痛みが出ることを、
ご存じだったのでしょうか?と思いました。

脳脊髄液減少症の専門医に受診を勧めずに、
いきなり、線維筋痛症の専門医に患者を紹介したとしたら、

脳脊髄液減少症が
見逃されている可能性が高いと感じました。

線維筋痛症が女性に多いわけ(私の仮説)

もし、現在「線維筋痛症」と診断されている人たちの中に、
実は、脳脊髄液減少症が原因でそれらの症状が出ていることを、見逃されている人たちがいたとしたら、
「線維筋痛症が30代~50代の女性に多く、男性の約5倍」ということも、私には説明ができます。

実は、症状の原因が脳脊髄液減少症であった私は、月経の前に、ものすごい激痛を経験しています。

それが生理が始まると同時に、やわらぐのです。

このことから、私が考えるのは、
もし、線維筋痛症と診断されている人たちの中に、
実は、脳脊髄液減少症が原因での、痛みや疲労感、倦怠感が原因での症状だとしたら、

脳の中で、女性ホルモンのバランスと痛みとが何らかの形で関係しあい、

私と同じような現象が起こっているのではないか?ということです。

「線維筋痛症の発症年齢は、30代~50代の特に女性に多く、男性の5倍にものぼる。」ということでしたが、

その意味は、

つまり、「月経のない男性に比べて、女性の方が生理周期によって、脳が痛みを感じやすい時期があり、

さらに、その発症年齢が30代~50代というのも、
妊娠出産や更年期などで、ホルモンが激動する時期と重なることからではないか」と。

だから、女性の方が、男性より約5倍も患者が多いのではないか?と。

さらに、

今回は、テレビでは報道されませんでしたが、以前は、
線維筋痛症の患者さんの特徴として、「高学歴の女性に多い」などとも専門医によって言われていました。

しかし、私は、それはたまたま「線維筋痛症の患者として声を上げるパワーを持っていた患者さんの経歴が偶然そうだったのではないか?と考えています。

そういった女性は積極的にありとあらゆる努力をして、自分の症状の原因を突き止めようとする人が多く、
線維筋痛症と診断する医師に、一般の人より、たどり着きやすいからではないか?」と思いました。

それに、そういう女性は
「黙っていないで声を上げる能力も高く、だから、あたかも高学歴の女性に多いかのように、専門医には見えていたのではないか?」とも
私は考えています。

脳脊髄液が漏れて減れば、子供だろうが、大人だろうが、老人だろうが、高学歴だろうが、そうでなかろうが、
症状は出ますが、
多くの医師がその症状の原因を突き止められない中で、
自分の痛みやだるさの症状の原因が脳脊髄液減少症だということに気づけるのは、
全体の患者のごく一部の人たちだと思います。

それは、いくら医師になんともないと突き放されても、
「自分の症状には、きっと原因がある。」と思い続け、原因を探り続けてきた人だと思います。

あくまで私の場合ですが、
痛みが激しくなるのが、脳の中で、脳のホルモンの中枢か、女性ホルモンの変化が、
痛みを感じる脳の部分と影響しあっていて、

それで、月経周期によって、症状が軽減したり悪化するのではないか?と思うのです。

脳脊髄液減少症の私は、ブラッドパッチ治療を受ける前、生理周期は不順で、
基礎体温が激しく乱れていましたが、

治療後は規則正しくなりました。

このことから、脳のホルモンの中枢、あるいはホルモンの変化が、痛みを感じる脳の部分にも何らかの形で影響しあっていて、
激しい痛みの症状がでるのではないか?と
私は考えています。

脳脊髄液減少症が提唱されはじめる前から、すでに医師に知られていた「線維筋痛症」。

今も脳脊髄液減少症の全身痛に対する知識のない医師が多いなかでは、

実は、脳脊髄液減少症が原因での症状がかなり含まれているのではないか?と
私は心配しています。

もし、脳脊髄液減少症の治療で治る痛みであるのなら、
早くそのことに患者さんも医師も気づいてほしいです。

sponsored link

原因不明の症状に苦しむあなたへ

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」あるいはすでになんらかの病名がついている人たちの症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link