リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

私のセルフメディケーションの考え方

time 2016/06/09

私のセルフメディケーションの考え方

セルフメディケーションの定義については、
世界保健機関(WHO)では、

自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること

とされているようです。

では日本では
どうとらえられているのでしょうか?

sponsored link

衆議院議事録から

日本における、セルフメディケーションの考え方を探ってみました。

政府が標榜するセルフメディケーションの定義に関する質問主意書
提出者  柚木道義

答弁

たしかにセルフメディケーションとは答弁やWHOの定義の通りだと思います。

しかし、

私はさらに、拡大解釈も自分なりにしています。

 

それは、私が、けっして「軽度な身体の不調」とはいえないような、
むしろ、「死んだ方がまし」だとさえ思えるような耐え難い苦痛を伴うさまざまな精神的身体的症状に、
苦しみながら生き抜いてきた経験から、培われたものです。

いくら医師に相談しても、原因不明の症状として、
あるいは私の心や性格の問題があるからそういう症状が出ているとされ、
長い間、医師にも相手にされず、医療に頼れなかったころ、

 

原始人のように、自分の体の傷や不調を、本能的に
誰にも頼れず、自分なりに症状のやり過ごし方や、楽になる方法を考え続け、
試し続けた経験から自然に培われたものです。

私による私のための、「私のセルフメディケーション」の定義

私のセルフメディケーションの考え方

「自分の心身に普段から注意し、症状の程度が軽度であろうがなかろうが、
症状をいち早く発見し、自ら手当てすることだけでなく、
医師や病院、治療法に関しても、
自ら情報収集し、自ら考え、自ら判断し、自ら選び、自ら行動することも含め、

自分のことを医師まかせ、家族まかせにすることなく、すべて
最終的には
自己決定の連続で、
自らの体に責任を持って、自ら回復、健康へ導いていこうとする考え方、その姿勢のこと。」

 

だと私は考えています。

sponsored link

down

コメントする





*

原因不明の症状に苦しむあなたへ

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」と医師に言われる症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link