リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

脳脊髄液減少症の治療を優先してあげてほしい人たち

time 2016/09/01

脳脊髄液減少症の治療を優先してあげてほしい人たち

一般的には、
こどもの保護者が声を上げていることによって、
数少ない脳脊髄液減少症の治療現場でも、
大人の患者より、
こどもが優先されるようです。

しかし、私は必ずしもこどもを優先すべきだとは思いません。

むしろ、
幼児や、こどもの養育中のお父さん、お母さんの治療を最優先してあげてほしいと思います。

それは、
父親、
母親の脳脊髄液減少症が見逃されれば見逃されるほど、

本人が脳脊髄液減少症かも?と気づいてから、
専門医の検査や治療を受けるまでに時間がかかれば、かかるほど、

その人たちの健康な子供たちにも、悪影響や、
危険が迫る恐れがあると、私は考えるからです。

こどもの患者の検査や診断治療が遅れることによって、
その親や、兄弟、など、家族の命が奪われる危険は、あまり考えられませんが、

その逆で、
親の患者の、脳脊髄液減少症が見逃され続けたり、
検査や診断治療までに時間がかかり、遅れることは、
脳脊髄液減少症の症状によって、
その人の、健康な家族の命までも、危険にさらすことがあるからです。

それは、先日の記事でも書きました。

脳脊髄液減少症の高次脳機能障害を知らない人や、
その症状の過酷さを知らない人は、想像できないことだと思いますが、

親の脳脊髄液減少症が放置されたり、
患者が一部の医師に殺到しているために、
思うように受診ができず、検査や診断治療が遅れれば遅れるほど、

高次脳機能障害や、過酷な身体症状を抱えたまま、治療を待たねばならない患者は、
親の自殺の危険性や、こどもを巻き添えにした一家心中などの危険性も考えられると思うのです。

一見普通の人に見えて、時に数分前の記憶までもがきれいに消えてしまう、脳脊髄液減少症の短気記憶の消失は、おそろしく、
こどもを巻き添えにした事故の危険性も考えられます。

親の患者には、どんなに症状があっても、
働かなければならないとか、

こどもの世話や家事から逃げられず、
その上、見た目元気そうなため、
社会からも、大人として
親としての仕事をこなすことを普通に求められ続け、
助けがないまま、事故につながったり、

家族からも理解されないとか、
近所の医師からも相手にされない、
助けてもらえないとあっては、

精神的にも身的にも、限界に達しかねないと、
私は思うからです。

sponsored link

原因不明の症状に苦しむあなたへ

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」あるいはすでになんらかの病名がついている人たちの症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link