リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

組み体操に潜む危険・脳脊髄液減少症

time 2016/02/26

組み体操に潜む危険・脳脊髄液減少症

千葉県流山市が
小中学校で組み体操を全面とりやめにするというニュースを
2月18日(木曜日)ニュースで見ました。

こどもの安全確保の観点から、
新年度から
組み体操をすべて取りやめるそうです。

スポーツ庁によると、
組み体操をすべて取りやめた自治体は全国初だそうです。

千葉県では柏市や松戸市でも、
組み体操のとりやめを見当しているそうです。

かねてから、
私は、
学校現場での「組み体操」競技での、
事故の報道を耳にするたび、
脳脊髄液減少症発症の危険を肌で感じてきましたから、

今回の
流山市の勇気に拍手を送りたいと思います。

この動きが
全国に広まることを
私は願っています。

「組み体操とりやめ」に批判的な意見もあるようです。

でも、その方がたは、
脳脊髄液減少症の恐ろしさを知らない人たちなのだと思います。

すべてのスポーツを
危険だからとやめろ!と言っているのではなく、

目的が集団演技でこどもたちの協調性を培うことであるなら、
それらの目的を達成できる、
もっと安全な競技は他にあるはずだから、
他に変えて行ってもいいと私は思います。

私はかねてから、
この「組み体操」に、
脳脊髄液減少症の発生の危険を感じてきましたから、
今回の
流山市の決定に、ほっとしています。

脳脊髄液減少症は、
こどもたちの学校現場での事故で発症することも多いはずです。

しかし、
そのことを、
現在、
教師も、医師も、お母さん方も、
充分理解しているとは、
私には思えません。

ですから、
私は、一刻も早く、
お母さんたちに、脳脊髄液減少症の知識を
伝えたいと思っています。

教師も、医師も、お母さん方も、そして、子供たち自身が
脳脊髄液減少症について、
「どんな時に、
どんなことが、
脳脊髄液減少症の発症原因になって、

どんな症状が出て、
どんな経過をたどり、
どんな時に、脳脊髄液減少症を疑い、
どこの医師を受診したらいいか?」

の知識がないままでは、

万一、
子供たちが学校現場で
脳脊髄液減少症を発症しても、
そのことに気づく大人が一人も周囲にいないのでは、
こどもが適切に治療され、救われることがとても難しいからです。

これらの現状から考えても、

「ピラミッド」と言われるような
人間をピラミッド状に積み上げる競技を
競い、披露することのメリットと、
デメリットを比較した時に、

現状では、
デメリットの方が
大きいと私は感じます。

特に、組み体操の崩壊時に、
上の子供が落下して体に受ける衝撃や、

複数の子供が落下してこられ、何人もの人間の体重の衝撃を受ける
下の段の子供たちの受ける、体への衝撃を考えると、

脳脊髄液減少症の発症リスクは高いと感じられ、
私は
今までも、とても危険だと感じていました。

各地で事故の報告がされてきた
組み体操について、
私も患者として、
ずっと、やめるべきだと感じていましたので、

今回の流山市の決定は、
本当にほっといたしました。

こどもたちの筋力や、
協調性や、
集団演技力を、
鍛えたり披露するものは、
他にいくらでもあると思います。

ぜひ、大人が知恵を出し合って、
安全で、
それらの目的を達成できるような、
代わりになるいい競技科目を創造してもらいたいものです。

こどもの安全があっての、
協調性や
集団演技力であり、

学校現場での、
こどもたちの、
協調性や集団演技力の教育効果は、

こどもの安全が確保されてのことだと思います。

全国の学校関係者やお母さんたちにも、

脳脊髄液減少症が
いかに身近な事故に潜んでいるかを、

この際、
しっかりと知ってもらい、
事故防止や、
脳脊髄液減少症の早期発見に
つなげていただきたいと
思っています。

そして、もし、
ご自分のこどもや
近所のこどもや、
知りあいのこどもや、
クラスのこどもの中に、

その子が、原因不明のなんらかの症状を訴えて苦しんでいて、
学校を休みがちになっている場合、

不登校とか、
精神的なことと、決めつける前に、

今一度、周囲の大人が
慎重に状況を振り返って考えてみてほしいのです。

もし、その子が、
過去に
組み体操とか、スポーツで
事故にあったり、怪我をした経験がある場合には、

脳脊髄液減少症という言葉を
思いだして
似た症状がないか考えてほしいと思います。

周囲の大人が脳脊髄液減少症に気づいてあげられないで、
こども本人が自分を苦しめているこの症状は
脳脊髄液減少症かもしれない、と気づくのは、困難ですから。

sponsored link

原因不明の症状に苦しむあなたへ

脳にいいこと

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」と医師に言われる症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。「リカ場」で検索!

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link