リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

慢性疲労症候群と診断されているあなたへ

time 2016/07/12

脳脊髄液減少症は、
だるくてだるくて動けなくなります。

自分の手足に、常に鉛の重しがつけられているように感じ、
今まで経験したことのないような、
ものすごいだるさしんどさで、起き上がれないほどになります。

座っていること、
立っていることが難しく、

自分の手足が重くて、
食べることも、
着替えることも、
入浴も、
とにかく日常生活が、ものすごく重労働に感じます。

どこの病院に行って、
どんな検査をしても、

激しいだるさの原因がわからないために、
気のせい、精神的なものだと、言われ、医師に見捨てられます。

見捨てられたあなたは、
慢性疲労症候群の専門医を訪ね、
そこで、慢性疲労症候群と診断され、
病名がついてホッとされたことでしょう。

やっと、私の身体のしんどさ苦しみをわかってくれる医師に出会えたと、
心からホッとし、
慢性疲労症候群と診断してくれた医師に信頼を寄せることでしょう。

病名がついたことで、
周囲や地域からの理解も得られやすくなるでしょう。

でも、ちょっと待ってください。

脳脊髄液減少症を知っていますか

脳脊髄液減少症の専門医の素で、脳の検査を受けましたか?

脳のMRI画像を、脳脊髄液減少症の脳の特徴があるかどうか?の視点で
今まで診てもらったことはありますか?

地元のどんな有名な肩書のある経験ある脳外科医の先生の元での、
脳のただの検査では
脳脊髄液減少症かわかりません。

慢性疲労症候群の医師が、
脳脊髄液減少症にも詳しいとは限りません。

私は、
慢性疲労症候群の診断基準を満たしてしまいます。

しかし、
私は脳脊髄液減少症です。

あなたを苦しめるその症状の原因が、
慢性疲労症候群ではなく、
脳脊髄液が漏れて減っていることの可能性もあると思います。

そう、考えたことが今までありますか?

もし、一度も脳脊髄液減少症を疑ったことがないのなら、
慢性疲労症候群の病名の影で、
脳脊髄液減少症が見逃されている可能性もあると思われます。

脳脊髄液減少症を疑って検査をしないと、
しかも、
その画像から
脳脊髄液減少症の脳の特徴が読み取れる、
よく脳脊髄液減少症のパイオニアの医師たちについて学んだ医師でないと、
脳脊髄液減少症は見逃されると思います。

あなたが慢性疲労症候群ではなく、
脳脊髄液減少症である確率は、ゼロではないと思います。

もし、
脳脊髄液減少症だったら、
治療で症状が軽減する可能性もあります。

どうか情報を集め、ご自分で今一度お考えください。

脳脊髄液減少症と似た症状はないか?

その症状が出る前に、
大きな事故やケガをしたことはないか?

転倒したことはないか?

スノーボードなどのスポーツをその直前にして
転倒しなかったか?

よく考えてください。

原因不明の激しい疲労感に、
慢性疲労症候群の病名をつけられて、
その医師に感謝し、病名がついたことにホッとするのは、

脳脊髄液減少症のチェックをしてからでも
遅くはないのですから。

sponsored link

down

コメントする





*

原因不明の症状に苦しむあなたへ

脳にいいこと

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」と医師に言われる症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。「リカ場」で検索!

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link