リカ場 ~私の脳脊髄液減少症のリカバリー~

原因不明の症状に潜む脳脊髄液減少症の早期発見と回復、症状理解による患者に優しい社会の実現のために、私ができること

健康食品

私が栄養補助のために、使用経験のあるサプリメントについて、

ご参考までにメモしておきます。

私が何を期待して、それを選んだのか?は

一部(  )内に選んだ理由などコメントを少し書きました。

効果ではなく、

あくまで私がそれに、勝手に期待したものです。

なぜ、いろいろ健康食品をためしてきたかというと、

自分の体の回復は、最終的には

自分の体自身が行うもので、

それには、

栄養や運動やストレッチや睡眠は不可欠であると
考えるからです。

なかなか食事だけではとりにくい栄養素もあると思われ、
少しでも自分の体にとっていいと思われる栄養素を取ることで、

自分の体の調子を整え、

自然治癒力や、免疫力や、自分で自分の体を治す力を引き出す努力ぐらいは
自分で可能な限り、経済的に許す範囲で

いろいろ少しずつ試してみたかったからです。

すべてを一度に試したわけではなく、
長い闘病期間で、少しずついろいろ試したものです。

なお、健康目的の他、美容目的ものも含んでいますが
以下にご参考までにメモしておきます。

私が今までに買ったことがある栄養補助食品リスト

sponsored link

今までに私が試したサプリとその成分

・L-カルニチン

・α-リポ酸

・コエンザイムQ10還元型

・アミノ酸

・亜鉛  (味覚障害への改善を期待して)

・レスベラトロール

・アスタキサンチン

・生プラセンタ (豚由来のもの、美容目的+未知のなにかの力を期待)

・ヒアルロン酸 (美容目的+関節)

・エラスチン (美容目的)

・コラーゲン  (魚由来のものと豚由来のもの、美容目的と、脳脊髄液減少症の関節のきしみの改善を期待して)

・バレリアン(神経を鎮めることや安眠を期待して)

・ イミダゾールペプチド (脳脊髄液減少症の激しいだるさに対して)

・ アンセリン (イミダゾールペプチドと同じ働きを期待して)

・ビール酵母

・ラクトフェリン

・青汁(冷凍物、粉末など、いろいろなメーカーのを試しました。なるべく自然そのままがいいとは思いますが、やはりおいしい方が続きます。)

・ケフィア(たまにはヨーグルトと違った乳酸菌をとってみようとして)

・シトルリン (体内の水分のめぐりの改善を期待して)

・EPA (脳機能の改善を期待して)

・DHA (青魚はなかなか毎日、たくさん食べられないので)

・大豆レシチン (レシチンは脳にいいのでは?と何かを期待して)

・L-セリン (寝る前に飲んでみた。)

・ギャバ(ギャバ入りチョコレートを食べたら、それがとても気にいったのがきっかけで)

・イソサミジン(排尿機能の改善を期待して)

・ルテイン(脳脊髄液減少症で起こってきた飛蚊症のような目の症状の改善を期待して)

・ウコン

・プエラリアミリフェカ (女性ホルモンに似た働きをもつ物を含む食品を探していて)

・グルコサミン (交通事故での後遺症に加えて、脳脊髄液減少症での関節のきしみに対する働きを期待して)

・コンドロイチン(上に同じ)

・5-ロキシン (上に同じ)

・マカ (なんとなく、元気が出そうな気がして、女性にもいいかもと思って)

・γ―トコフェロール (若さにいいような気がして=元気になるかもと思って)

・大豆イソフラボン(女性ホルモンに似た働きがあると聞いたから)

・オルニチン

・共役リノール酸

・カルシウム

・CBP

・ビタミンB群

・ビタミンC

・ビタミンE

・ビタミンD   免疫を整える 骨をつくる。

その他、各社の青汁とか、商品としても、ためした健康食品は数えきれないぐらいあります。
当時は、今のようなおいしい青汁がなく、けっこう苦いまずい思いをして飲んだりもしてましたが、

本当に、自分の症状の正体が何かわからなかった時代、
ずいぶん努力もしたし、お金も使ったなと思います。

サプリにすがった私

私がサプリを飲むようになったのは、原因不明の症状(のちに脳脊髄液減少症とわかるが)に苦しんでいたとき、脳脊髄液減少症に理解ある医師がいなかった当時、
すがるものが、健康食品ぐらいしかなかったからです。

脳脊髄液減少症とわかる前はいろいろな症状がありながら、検査で異常が出ないために、 なかなか症状を理解されず、たまに症状を理解してくれて、医師が治療やリハビリを試みてくれても、 症状がなかなか改善されず、結果的に、医療にも見放され、でも症状はあって、

(当たり前です、脳脊髄液漏れたままどんな薬やリハビリしたって無駄でした。)

誰にも症状の苦しさを理解されず、気のせいだと言われ続け、精神的なものとされ、

頼るものもなにもなく、追いつめられた結果、

すがったものが、健康食品やら健康グッズでした。

それはいろいろ投資してきました。

でも、当時は、まだ自分の症状の原因が、
脳脊髄液漏れで起こっているとは、気づいていないまま
健康グッズ、健康食品をいろいろ試していました。

それから何年もたってから、
私の症状の原因が、脳脊髄液減少症だとわかりました。

でも、私がサプリなどを試すのは、やめませんでした。

サプリを試すことが、私が、自分で自分のためにできる数少ない、前向きな行動だったし、
主治医は遠くて辛くても頻繁には相談に行けず、
日常的には誰にも相談できない症状を抱えて、生きなければならず、
すがるものが他になく、
すがることで、精神的な支えにもなっていたのだと、今振り返って思います。

症状の原因が、脳脊髄液漏れだとわかり、
さまざまな自費の治療を受けながらの闘病生活中も、
自分でいいと思える栄養補助食品や、健康グッズは試し続けてきました。

それは、私の闘病生活にとって、自分の体を人任せにせず、
日々きちんと食べて、飲んで、動いて、寝るという、
私の闘病生活の基本の考え方の中で、
自分で選び、自分で判断し、自分で自分のためにできる、
自分のための、貴重な前向きな行動でもありました。

これはあくまで、私自身の闘病スタイルですが、
今思うと、
常に、自分の体や症状の解決策を、
たとえ衰えた思考力であっても、必死に自分にいいと思われることを探し試し続けたことは、
結果はどうあれ、
その他人任せにしなかったことは、生き方として、間違っていなかったと思っています。

「健康食品」の安全性・有効性情報

 

農研機構「機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクト」

(睡眠に効果のある食べ物の研究は東京医大など医療チームも参加し、産官学あげてのがなされている。)

医薬品と食品の違いについては、こちらのサイトの文章をご参考ください。

 

 

sponsored link

原因不明の症状に苦しむあなたへ

脳にいいこと

自己紹介

lily

脳脊髄液減少症のサバイバーです。「原因不明」「異常なし」「気のせい」「精神的なもの」と医師に言われる症状の影に、実は脳脊髄液減少症が隠れている可能性について、広く社会に伝えたいと思っています。「リカ場」で検索!

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パニック障害ブログパーツ

にほんブログ村ブログパーツ

amazon

人気ブログランキングブログパーツ

最近のコメント



sponsored link